鉛フリーはんだ製造・販売メーカーは大阪の石川金属株式会社

石川金属株式会社

TÜV RHEINLAND認定

Management System
ISO 9001:2015
ISO 14001:2015

  • 大阪府堺市西区築港浜寺西町7-21
  • TEL:072-268-1155 FAX:072-268-1159
  • info@ishikawa-metal.com

技術案内

はんだ付け不良

ぬれ不良 (ソルダペースト)
ぬれ不良の問題点

はんだのぬれが悪い場合、接合面積が減少し、接合信頼性の低下につながります。

ぬれ不良の原因

ぬれ不良の原因には、リフロープロファイルの問題や、部品及び基板の劣化が挙げられます。

リフロープロファイルの考え方

長い予熱と本加熱を行う「台形プロファイル」という方法がとられます。 部品の耐熱温度が250℃程度であるのに対し、はんだの融点は約220℃です。予熱ゾーンを長くとることで、部品の大小による温度差を無くし、大型部品の熱不足によるぬれ不良、小型部品の過熱による故障を防止します。

予熱時に起こるソルダペーストの劣化

予熱温度は150~180℃、予熱時間は90~120秒が一般的です。予熱の間、ソルダペーストのフラックスは、熱による反応を開始し、徐々に活性を失ってぬれ性が低下します。このため、本加熱時に部品の温度が240℃程度まで上昇する範囲で、可能な限り低い温度、可能な限り短い時間で予熱を行うことが理想です。

はんだ材料によるぬれ対策

ソルダペーストのフラックスには、予熱温度、本加熱温度に合わせた最適な活性剤が添加されています。はんだメーカーに、実装品の部品や形状、寸法を正確に伝えることで、より適したソルダペースト、推奨プロファイルの情報が得られます。弊社では広い範囲の予熱温度、多様な部品で良好なぬれ性を示すソルダペーストをご用意しておりますのでお問い合わせ下さい。

ページトップへ