鉛フリーはんだ製造・販売メーカーは大阪の石川金属株式会社

石川金属株式会社

TÜV RHEINLAND認定

Management System
ISO 9001:2015
ISO 14001:2015

  • 大阪府堺市西区築港浜寺西町7-21
  • TEL:072-268-1155 FAX:072-268-1159
  • info@ishikawa-metal.com

技術案内

特殊用途事例

レーザーはんだ付け (ソルダペースト、やに入りはんだ)
レーザーはんだ付けの特徴

はんだ付けにレーザーが使用される大きな理由は
・非接触加熱でありメンテナンスが少ない
・はんだ量のばらつきが少なく、実装品質が安定する
の二つがあげられます。

レーザーの吸収率

はんだ付けには赤外線レーザーが使用されています。赤外線レーザーは金属より有機物の方が吸収率が高いという特徴があります。
このため、はんだ付けの際、フラックスの温度がより高くなり、はんだ合金が必要な温度に到達する前にフラックスが蒸発したり劣化する現象が見られます。

レーザーはんだ付けの課題

レーザーはんだ付けには、光加熱、短時間急加熱に伴う以下のような課題が存在します。
・ぬれの不足
・フラックス、はんだ飛散
・レンズの汚れによるレーザー出力の低下

レーザー用はんだ材料に必要な機能

レーザー用のはんだ材料として、専用のやに入りはんだ、ソルダペーストが用意されています。やに入りはんだの場合は揮発しにくいベース材を使用することで、また、ソルダペーストの場合は、高温時の熱だれを起こしにくい材料を添加することでそれぞれ対応しています。

弊社では、ポイントはんだ付け、SMT、印刷、ディスペンス、様々な実装形態に合わせたはんだ材料をご用意しておりますのでお問い合わせ下さい。

ページトップへ